新幹線の座席選びについておすすめしたい7のこと

新幹線の座席選びについておすすめしたい7のこと

新幹線の座席選びについておすすめしたい7のこと
社会人になって出張で東海道新幹線を利用することが多くなりました。初めの方は新幹線に乗るだけで嬉しい気持ちになっていました。ただ、乗る回数が増えるにつれ、どうしたら快適に乗れるのかを考えるようになりました。

そこで今回は、新幹線の座席選びについておすすめしたいことをご紹介します。

前提
-東海道新幹線を対象としています
-よく利用するのは、大阪〜東京間

  1. 券売機 or WEBで事前に座席を予約するべき
    事前に座席を取っておくことで、以下のメリットがあります。
    1.乗車当日にスムースに改札をくぐれる
    2.お気に入りの座席を取れる
    直前に乗車券を購入すると、人気の席が埋まっていることが多いです。それが週末や大型連休ならなおさら。そこで事前に座席を取っておくことで、乗車当日に並んで乗車券を購入する必要がなく、人気の席を確保できます。

予約方法は券売機もWEBも基本的な操作感は同じです。JR東日本のHPに、券売機での乗車券購入の体験版がありましたので、ご参考までに。toktokbet

ちなみに、WEB予約(エクスプレス予約)する際には、事前申し込みが必要です。詳しくは、エクスプレス予約HPまで。

  1. 富士山を見たければ、進行方向が東京ならE列、逆ならA列を取るべき
    名古屋〜新横浜間を通過するならば、席によっては窓から富士山を眺められます。

上の画像のとおり、東海道新幹線にはA〜E列の座席があります。この画像だと、進行方向が東京なのでE列の座席を取ると、窓から富士山が見えます。

新幹線から見える富士山はとても綺麗なので、一度ご覧になることをおすすめします。

  1. 電源が欲しければA,E列または、車両の最前・最後列に座るべき
    新幹線には電源がある座席があります。具体的には、以下のとおりです。
    -N700系(のぞみ・ひかり・こだま・みずほ・さくら)は、最前部・最後部・窓側の座席
    -700系(ひかり・こだま)は、最前部・最後部のみ(一部の車両はないらしい)
    PCやスマホで作業したいときには、この情報を知っておくと電源に困ることがなく安心ですね。
  2. 人の移動が気になるのなら、トイレ付近の座席は取らないほうがいい
    新幹線には車両の連結部分にトイレがある場合があります。東京〜大阪間だと2時間半かかるので、その間にトイレに行く人が多いです。そうなると、気になるのが人の移動。

席の側を頻繁に人に通られるのが嫌な方は、トイレ付近の席は取らないほうがいいです。特に、最前部・最後席は、人が通るたびにドアが開閉するので騒がしいです。

  1. 大きい机を使いたければ、進行方向最前列の座席を取るべき
    進行方向最前列の座席(A〜E列)のみ、他の座席と比べて机が多いです。また、電源も確保されています。なので、作業スペースが必要なPCを用いた作業などを行うときにおすすめです。

ただ、4で触れたように、トイレ付近だと人の出入りが多いのでそのあたりはご注意を。

  1. パーソナルスペースに敏感な方は、A列かC列を取るべき
    なぜかというと、B列は空席になりやすいからです。

A〜C列は3列シートになっています。その間のB列は両側に挟まれる座席なので人気がありません。なので、B列は空席になりやすいです。

なので、パーソナルスペース(他人に近付かれると不快に感じる空間)に敏感な方には、A列かC列の座席がおすすめです。ちなみに、D〜E列は2列シートなので、どちらに座っても隣に人が座る可能性が高いです。

  1. 座席の背もたれを思いっきり倒したい方は車両最後部がおすすめ
    まさに僕です。身長が高く、足が長いので背もたれを倒さないと窮屈なんです。それも東京〜大阪間だと2時間半もかかるのでそれはもう大変。

そこで僕みたいに座席の背もたれを思いっきり倒したい方は、車両最後部の座席をおすすめします。後ろの座席がない分、気にせず背もたれを倒せます。

車両最後部の座席の後ろには人一人が入れるほどのスペースが空いています。上の棚に乗らない荷物などをここに置けます。ただ、調べてみると、このスペースはどうやら最後部の座席の方専用のものではないみたいなので、使用する際は車掌さんに一言声をかけましょう。

まとめ
最後に僕のおすすめの座席をご紹介します。それは、最後部のA列(ただし、最後部の連結部分にトイレがないこと)です。座席シートを思いっきり倒せる&隣の席が空きやすい&人の移動が少ないからですね。

新幹線の座席選びは人によって好みが別れるので、どこが1番おすすめかは断言できません。今回の記事を参考に、自身にあったおすすめの席を見つけていただければ幸いです。

愛犬が水をガブガブ飲んだり、おしっこをたくさんしたら要注意!腎臓病のサインかも

愛犬が水をガブガブ飲んだり、おしっこをたくさんしたら要注意!腎臓病のサインかも

愛犬が水をガブガブ飲んだり、おしっこをたくさんしたら要注意!腎臓病のサインかも
「うちの犬、最近よく水を飲むし、よくおしっこするなー」

そんなことありませんか?その症状、もしかしたら腎臓病が関係しているかもしれないので要注意です。

犬の多飲多尿は気にかけよう
冬だから寒いのかなーと思いつつも、「多飲多尿」の状態が続いたので、我が家のラブラドールレトリバーのびーたろうを動物病院に連れて行きました。そして、お医者さんに診てもらうと、

「腎臓病の可能性がありますね。一度検査してみましょう。」slot88

と言われました。そんな重大な病気の恐れがあるなんて想像していなかっただけに、驚きました。腎臓機能の低下により、多飲多尿になってしまうそうです。

腎臓病がやっかいなのは、初期段階では症状が表に出てこないこと。そのため、気づいた頃には末期の段階だった、なんてことも結構あるそうです。以下に載せているのが、腎臓病の症状段階。ステージが進むに連れ、症状が悪化します。

-ステージ1:尿濃縮能の低下、タンパク尿 臨床症状なし
-ステージ2:軽度の高窒素血症、臨床症状なし~軽度(多飲多尿)
-ステージ3:中程度の高窒素血症、全身性の臨床症状(胃腸障害・貧血など)
-ステージ4:重度の高窒素血症、全身性の臨床症状 尿毒症

ステージ1だと、血液検査でも異常を見つけられないそうです。症状としては、飲水量、尿量の増加。

ステージ2でやっと血液検査でわずかな異常が見られます。ここでの症状はステージ1と同じく、多飲多尿。

ステージ3までいくと、老廃物が尿として排出されずに体内に溜まり、元気や食欲がなくなったり、下痢や嘔吐、貧血など見られます。ここではじめて異変に気づき方が多いそうですね。

ステージ4は、生命の維持が困難な段階。食欲が落ち嘔吐を続け、著しく痩せてしまそうです。

この情報からわかるように、腎臓病は非常に怖い病気なのです。

腎臓病は早期発見が重要!
腎臓病は一度かかってしまうと治りません。ただ、薬や食事療法によって病期の進行を抑えることはできます。そして、腎臓病のステージが早期であればあるほど効果はあります。

だからこそ、愛犬を日頃からよく観察したり、定期的な健康診断に行ったりすることが大事なのです。わんちゃんは大事な家族ですからね。いつも気にかけてあげましょう。

まとめ
検査の結果、愛犬のびーたろうは腎臓病ではありませんでした。

家の中が乾燥していて水をガブガブ飲んだり、寒さでおしっこがいつもよりたくさん出たのが多飲多尿の原因だったのではないでしょうか。とにかく、病気ではなくてほんとによかったです。ほっとしました。

今回の経験から、腎臓病の怖さを知りました。その事実を、愛犬家の方たちにも知っていただきたくて記事にしました。

「うちの犬は大丈夫!」ではなく、「いつもと様子が違うから一度病院に行ってみよう」。その選択が、愛犬や家族をきっと幸せにするはずです。

ポテトチップス コーラ味」を食べたら、あのお菓子の味とそっくりだった

ポテトチップス コーラ味」を食べたら、あのお菓子の味とそっくりだった

ポテトチップス コーラ味」を食べたら、あのお菓子の味とそっくりだった
先日、ナムコのクレーンゲームでしか手に入らない「ポテトチップス コーラ味」を取ってきました。店員さんの助けもあって、簡単にゲットできました。親切な店員さんありがとう!

今回は、この珍しいポテトチップスの味のレビューをしてみたいと思います。

ポテトチップス コーラ味
ポテトチップスコーラ味は、ナムコ約200店舗を代表するメンバーを中心に、
ナムコ店舗スタッフ総勢約3000名の意見をまとめて生み出した商品です。
エンターテインメント企業のスタッフならではのノリとアイデアを詰め込みつつ、社内の様々な部署を巻き込みながら、 https://52.76.194.177/brand/slot88
カルビー様の協力を得て約半年がかりでようやく提供できる運びとなりました。

壮大なプロジェクトですね。半年がかりで作ったというのが驚きですね。それほど手が込んだ「ポテトチップス コーラ味」。ますます食べるのが楽しみです。

興味がある方用に、このポテトチップスが置いてあるナムコ店舗を掲載しておきますね。クレーンゲーム初心者の僕でも簡単に取れたので、是非チャレンジしてみてください。

箱の中に2袋入っている仕様
クレーンゲームで取ってきた状態がこちら。この箱の中に「ポテトチップス コーラ味」が2袋入っています。箱のコーラ感がすごい

箱のサイドには、ナムコとカルビーがコラボした旨が書かれています。最強のポテトチップスここに誕生!!の文字に期待が膨らみます。

パカーンと箱を開けると「ポテトチップス コーラ味」の袋とご対面。早く食べたい!

味はあのお菓子とそっくり!
袋を開けた瞬間にコーラの甘い匂いがします。どんな味なんだろう。
コーラの酸味と甘味とポテトチップスの塩味で甘じょっぱい。でも、しばらく噛んでいくと、どこかで食べた味だなあ……あっ!ビスコだ!!
ビスコのクラッカーはやや塩っぱく、中のクリームはヨーグルトっぽい甘酸っぱさがありますよね。あれにそっくりなんです。

まとめ
不思議な味がした「ポテトチップス コーラ味」。このポテチは期間限定なので、興味のある方は是非ナムコのクレーンゲームでゲットしましょう!

日本で最大の温室がある植物園「咲くやこの花館」に行ってきた!

日本で最大の温室がある植物園「咲くやこの花館」に行ってきた!

日本で最大の温室がある植物園「咲くやこの花館」に行ってきた!
大阪の花博記念公園鶴見緑地にある「咲くやこの花館」に行ってきました。ここは、日本最大の温室がある植物園なんです。市内にあるので、カメラ片手にふらっと散策してきました。

面白い植物がたくさんあって、植物に関心のなかった僕でもすごく楽しめました。今回はそんな「咲くやこの花館」をご紹介します。

咲くやこの花館とは
1990年4月から9月に開催されたEXPO’90「国際花と緑の博覧会」で大阪市のパビリオンとして建設されました。熱帯から乾燥地帯、高山、極地圏までの、地球上の様々な気候帯に生育する植物を栽培展示している日本で最大の温室です。
-開館時間:10:00~17:00(入館は~16:30)
-休館日:毎週月曜日(祝日などの場合は翌日)・年末年始(12月28日~1月4日)
-入館料:大人・大学生・高校生 500円、中学生以下 無料
-アクセス:地下鉄長堀鶴見緑地線の鶴見緑地駅から徒歩10分

いざ、入場!oxplay
咲くやこの花館は、花博記念公園鶴見緑地の中にあります。この建物の外観は特徴的なので、遠くからでも目立ちます。尖った屋根を目印に歩いていけば、迷うことはないと思います。

近くのマンホールはEXPO’90仕様。ちなみに、このマスコットキャラクターの名前は、花ずきんちゃん。可愛らしいですね。

入場料は大人一人500円です。入場券には、植物の画像と名前が記載されています。こういう入場券は取って置きたくなりますね。

約2,600種の植物に逢える!
館内には約2,600種の植物が栽培展示されています。今回はその中でも、特に印象的だった植物をご紹介します。

オオオニバス。世界最大の浮葉で、子供が乗っても沈まないらしいですよ。大人の僕も浮かぶか試してみたい。

食虫植物のウツボカズラ。夏には食中植物ライブ実演があるそうです。行ってみたいな!

バナナは木ではなく、巨大な草なんですって。紫の部分がバナナの花のようです。

スターフルーツ。花梨のような匂いがしました。綺麗な黄色に見惚れます。

模型ではなく、本物のラフレシア。’90年の花博からここに展示してあるそうです。臭いをかげなかったのが少し残念

強大なサボテン、キンシャチ。大きいものだと80kgもあるそうです。中に何詰まってるんだろう。

世界三大珍植物の1つ、キソウテンガイ。1000年以上生き続け、葉が果てしなく伸び続けるそうです。まさに奇想天外。

真っ白なサボテンに赤い花が咲いています。これすごく綺麗でした。サボテンもこんな綺麗な花咲かせるんですね。

植物園を回った後は、ランチ!
咲くやこの花館には、休憩・飲食スペースがあります。植物園を回りきった先にこのスペースがあります。ちょうどお昼だったので、ここで食事していきました。

レストランスペースもあるそうですが、この日は閉店していました。どうやら再オープンは来春みたいです。かわりに、移動販売のオーガニックカフェ「Joe Dee’s Cafe」で昼ごはんを取ることにしました。

こちらはカレーセット。オーガニック食材のみで作られたキーマカレー。フルーティな味でおいしかったです。カレーのトロピカル感がミックスフルーツスムージーと合います。

ホットドックセット。もっちりしたパン、ソーセージがぷりっぷりで大きかったです。チーズとミートソースが入っていてボリューミーでした。フレンチカフェロワイヤルというコーヒーもおいしかったです。オレンジピールと生クリームとブランデーが入っていて、他では味わえないものでした。オレンジとコーヒーって合うんですね。

予想以上に楽しめた「咲くやこの花館」。頻繁にイベントを開催しているのも魅力的ですね。また行きたい!